なぜ頬はたれてくるのか|皮膚科だけじゃない|綺麗にイボを治療してくれる医療機関
ウーマン

皮膚科だけじゃない|綺麗にイボを治療してくれる医療機関

なぜ頬はたれてくるのか

顔を触る人

コラーゲンとピアルロン酸

年を取るとしわやたるみが顔にできますが、老化と共にしわは深くなりたるみも酷くなります。こうなると表情も暗くなりがちになりますし、見た目も年齢よりもフケて見られることになります。一度顔にできたしわやたるみを治すことは難しいのですが、目立たなくすることはできます。しわやたるみの原因は経年による老化が一番の原因ですが、顔の表面下にあるコラーゲンやピアルロン酸は肌に張りと弾力を与えているもので、これらが減少することで表情にある筋肉が衰えてしまい張りや弾力を失うことになりしわやたるみに繋がるのです。40代を過ぎるとこれらの成分が若い頃に比べて半分くらいに減少してしまうそうです。そして紫外線や生活習慣、乾燥といったものも肌の張りに必要な要素を現象させる要因になりますので一概に老化だけがしわやたるみの原因ではありません。

まずは自分でやってみる

顔のしわやたるみは整形によりある程度治ります。しかしそれほど深刻でない状況であるならば自分で対策をしてみましょう。まずは化粧品を使用したスキンケア。先述したようにコラーゲンやピアルロン酸はしわたるみ対策用の化粧品に多く含まれています。化粧は単に綺麗に見せようとするものだけではなく、顔に大切な栄養素を摂り入れるために必要なのです。若い方ですっぴんで通す方も最近珍しくないようですが、今後のことを考えて面倒でも毎日化粧を施すようにしましょう。そして顔のフェイスケアとして取り入れたいのがマッサージです。マッサージを行うことで表面の筋肉を鍛えることに繋がりますので目元や頬といったところを中心に一日五分程度マッサージをしましょう。外からの対策と同時に内からの対策も忘れてはいけません。コラーゲンとピアルロン酸の入ったものとして挙げられるのがから揚げです。また女性ホルモンの代替成分として知られている豆腐や納豆に含まれている大豆イソフラボンなどを摂取していくと良いですよ。